疾風ロンド(大島優子) × スノボウェア

大学の研究所から内密に作られていた生物兵器が盗み出された。

犯人は大学に対して三億円を要求。警察にも政府にも頼れないまま、研究員と犯人の心理戦が始まるはずだった――。

が、犯人はトラックに轢かれて早速死亡。犯人の持っていたスマホから、生物兵器は日本最大級のスキー場の雪の中に隠されていることだけがわかる。

研究員の一人、栗林(阿部寛)が捜索係に任命され、たった一人で現地のスキー場に乗り込むが、まったくスキーができない栗林は悪戦苦闘。そしてタイムリミットが刻々と過ぎる中、事件は意外な形へと進展する・・・。

東野圭吾によるコメディー作品を待望の映画化。

 

スノボウェア

 

現地のスキー場の常連であるスノーボードクロス選手、瀬利千晶を演じるのは元AKB48大島優子。まったくスキーのできない栗林を、本人自身も9歳からやっていたと語るスノーボードで助けます。

sippuuronde2

『疾風ロンド』で大島優子がいつも着ている、ちょっと目を引くスノボウェア。

sippuuronde1

これはBURTONバートン)という有名スノボウェアブランドの、CINDER ANORAK JACKETシンダーアノラック)。

2015‐2016シーズンに向けて発売されたもの。

bartonjacket01

三色あるうちの、TRUE-BLACK/ACID-FLORA/KEEF。

BURTONのスノボウェア自体が人気のため品薄で、このシンダーアノラックも人気があって在庫があることは少ないのですが、見かけたらぜひ。

値段を相場より高くしているものもあるので、注意してください。