ローガン・ラッキー × 腕時計

オーシャンズシリーズで一躍実力派監督として有名になったスティーブン・ソダーバーグの久々の長編映画「ローガン・ラッキー」。

ジミー・ローガン(チャニング・テイタム)はシャーロット・モーターレース場の建設作業員であったがある日クビになってしまい、さらに元妻が二人の最愛の娘サディーを遠くへ連れて逃げようとしていることを知り、失意の中、弟のクライド・ローガンが働いているバーへ向かう。

クライドはイラク戦争で左腕を失い、義手を使ってバーテンをしているのだが、ジミーの目の前でクライドをからかう酔っ払いが現れる。積もり積もった怒りが爆発したジミーは彼らを全員殴り倒し、クライドは火炎瓶で彼らの車を焼き払う。

ジミーは大声で「カリフラワー」と叫んだ。それは二人が幼少期、悪事を働く際に使っていた合図の言葉だった。

ジミーは金の流れまで良く知っているシャーロット・モーターレース場の金の強奪をクライドに提案し、その計画に必要な仲間を集め始める。

 

腕時計

このローガン・ラッキーで主人公のジミーは元建築作業員らしく、シンプルで頑丈な腕時計を常にはめています。

roganlucky01

変人の爆弾スペシャリストジョー・バング(ダニエルク・レイグ)を刑務所に迎えに行くときも。

roganlucky02

クレイグに話しかけるローガン。

loganlucky06

 

腕時計のアップ。

loganlucky07

これはCASIOのスタンダードデジタルウォッチ。型番はF-91W。

loganlucky08

amazonで激安で売っています。

スタンダードデジタルウォッチはフェイスのデザインの違うものが結構あるので、そちらもチェックしてみたい方はこちら。