『ローガン』 ローラ × ブーツ、リュック、サングラス

ミュータントの大半が絶滅してしまった2019年。

老いて自らもミュータントの能力を失いつつあるウルヴァリンことローガンヒュー・ジャックマン)は、老衰したプロフェッサーXをかくまいながら、アメリカ南部の国境付近で雇われのリムジン運転手として細々と生きていた。

そんなとき、謎の女性からローラダフネ・キーン)と呼ばれる少女を預けられ、ノースカロライナまで送って欲しいと依頼を受ける

ローラはミュータントに似た能力を使う組織に追われる身であることをすぐに知ることになったローガンだが、プロフェッサーXに彼女こそがミュータント最後の希望だと諭される。

やがてローガンとローラの間にも父と娘の感情が芽生えて行く。

ヒュー・ジャックマンが演じる、最後のウルヴァリンの物語。

ブーツ

この映画でローラは、恐ろしいほどの凶暴性とミュータントの能力を隠すかのように、アメリカの普通のローティーンのファッションをしています。

logan01

CGレンダリングのためのキャプチャ作業で

logan02

この鮮やかな赤いブーツは、ドクター・マーチン1460チェリーレッド

 

 

logan3

 

 

リュック/バックパック

ローラが組織に追われるときも絶対に手放さない、小さいのにヘビーデューティーなバックパック。

logan04

貴重なオフショット。横に二本ずつあるラッシュタグが特徴的。

logan06

これまた特徴的なバッグの上部。

logan07

これはパタゴニアのキッズ用バックパック、その名もBONSAI

logan08

映画の雰囲気を壊さないように、パタゴニアのロゴは取ってあるかもしれません。

 

 

サングラス(おまけ)

お金を持っていないローラがグロッサリーストアでやりたい放題やったときに、気に入ったサングラス。

logan09

SHOPKINSというアメリカで流行っている子供向けキャラクター?のおもちゃサングラス。

logan10

日本ではまだ輸入しているところは少ないようでした。

 

 

いちおうサングラスのリンクも